気になるVライン脱毛の痛み

気になるVライン脱毛の痛み

 

水着をきれいに着こなしたい女性にとって、Vラインの脱毛に興味のある人は多いものです。しかし、Vラインは皮膚も薄く、敏感な場所であるために脱毛をする際に痛みを伴います。

 

痛みは個人差が激しいですが、脱毛の場合は機械によっても差がでます。まず、医療脱毛のレーザーは脱毛サロンより出力が強いので、その分痛さも強くなります。

 

レーザーでもフラッシュでも、黒い色に反応するようにできています。アンダーヘアは、他のムダ毛よりも毛が濃いので、他の部位に比べると痛くなりがちです。

 

平均的には、脱毛サロンでも輪ゴムではじくような刺激と言われます。我慢できる範囲の刺激と感じる人が多いですが、痛さに弱い人は、契約する前に試してみるといいでしょう。

 

サロンによっては、痛みを軽減するための冷たいジェルを塗布してくれるところもあります。特にフラッシュ方式では、ジェルと光の相乗効果で毛を抑制していきます。毛を破壊するレーザーよりも受ける刺激は少ないです。

 

Vラインは毛の本数は多いですが、面積は少ないので、実際に施術している時間は10分程度と短いです。ジェルを塗布したり、施術後のクールダウンを含めると30分程度になりますが、痛さを感じている時間はそれほどでもありません。

関連ページ

Vライン脱毛時の紙ショーツの有無を知りたい
Vライン脱毛時の紙ショーツの有無を知りたいと思っている方は結構いらしゃいます。実際の脱毛サロンの現場では、紙ショーツは使っているのか、あるいは無しで施術を行っているのか説明しています。
脱毛サロンで人気のVラインの形
脱毛サロンで人気のVラインの形っていったいどのようなものでしょうか?Vラインといっても卵型やスレンダー型、丸型、ナチュラル型など色々あります。人気のVラインの形について知りたい方は参考にしてください。
男性に聞いた脱毛Vラインのアリナシ
男性に聞いたVラインのアリナシでは、実際に男性にヒアリングした女性のVラインの毛のアリナシについての感想を綴っています。やはり女性は男性の感想を聞きたいですよね。Vラインはどのような形にした方が男性ウケがよいのか、あるいは無しにした方が良いのかなど分かります。
Vラインの脱毛はどこまで可能?
Vラインの脱毛はどこまで可能かご存知でしょうか。サロンによりまちまちですが、だいたいの範囲は決まってきます。Vライン脱毛は女性のとてもデリケートな部分ですので、Vライン脱毛する前にしっかりと把握しておきましょう。
Vライン脱毛での大失敗
Vライン脱毛での大失敗のお話しをします。Vライン脱毛は女性にとってとてもデリケートな部位を施術することになるので慎重になってください。